手間を減らせるシステム|不動産屋のおすすめ物件を購入|不動産ビジネスを始める

不動産屋のおすすめ物件を購入|不動産ビジネスを始める

手間を減らせるシステム

集合住宅

一般的な不動産投資は、オーナーが入居者と賃貸借契約を結んで、家賃収入を得るという仕組みになっています。それに対して、一括借り上げというのは、オーナーは不動産会社と借上契約を結んで、不動産会社が入居者と賃貸借契約を結びます。一括借り上げを行なうことで、オーナーは不動産会社から賃料をもらうことができるので、空室リスクを解消することができるのです。そのため、空室の心配を解消したい、安定した収入を得たいという人にはぴったりのシステムなのです。また、管理が楽になるのも、一括借り上げの利点です。一括借り上げは、不動産会社が清掃やメンテナンスを行なってくれます。また、入居者募集や、手続きなども全て代行してくれるので、手間を減らすことができるのです。

メリットが多い一括借り上げですが、トラブルに発展することもあるので、注意して利用する必要があります。特に多いトラブルとして、家賃の値下げです。不動産会社と一括借り上げ契約を結んだ場合、契約を結んだ当初と同じ家賃が保証されるわけではありません。場合によっては、家賃が見直されて、家賃が下がることもあるのです。つまり、家賃収入を得ることになるので、収支計画を立てるのも難しくなります。また、解約に関するトラブルもあります。解約トラブルとは、家賃の見直しなどで、家賃の減額を断った場合に、一括借り上げ契約を解除されるというものです。このようなトラブルを避けるためにも、一括借り上げについてしっかり知識をつけておくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加