売却を見据え購入しよう|不動産屋のおすすめ物件を購入|不動産ビジネスを始める

不動産屋のおすすめ物件を購入|不動産ビジネスを始める

売却を見据え購入しよう

空き部屋

出口戦略を立てよう

収益物件は購入する時から出口戦略を立てるようにしましょう。投資で最も重要なのが、出口戦略です。きちんと出口戦略を立てることにより総利回りを高めることができるほか、予想外の事態にも対応することができます。出口戦略なき投資はリスクが高くなるため、必ず出口戦略を立てることが重要です。不動産投資の出口戦略とは、収益物件の売却です。購入時から売却を見据えることにより、売却損を抱える心配がなくなります。また、売却を事前に見据えることにより、資産価値が減少しない収益物件を選ぶことが可能になります。収益物件を売却する際には、収益物件のあるエリア、収益物件の管理状態が売却価格に大きく反映されます。

維持管理費を抑えるために

収益物件に限らず、不動産は立地が非常に重要な要素です。特に都心回帰の流れが強まっている現代では、人気のあるエリアと不人気のエリアの差が大きくなっています。今後はさらに二極化が進むと予想されており、人気のあるエリアにある収益物件を選ぶようにしましょう。不人気エリアの収益物件は、大きな売却損を抱える恐れがあります。いくら安く購入できるとしても、絶対購入しないことが重要です。また、収益物件の状態も売却価格に反映されます。きちんと維持管理している物件は、その分売却価格を高く設定することが可能です。そうは言っても維持管理費が高額になっては、意味がありません。維持管理がしやすい外観であるか、錆びやすい材質が大量に使用されていないかを確認することで、維持管理費を抑えながら物件の状態を維持することが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加